牡蠣肉 | Home | 玫瑰花
2015/06/22 15:01 | 印刷

○翻白草(ほんぱくそう)

 日本の近畿地方以西、朝鮮半島、中国に分布するバラ科の多年草ツチグリ(Potentilla discolor)の根を含む全草を用いる。

 花が開花する前に蕾をつけたまま採取する。葉の裏が綿毛のために白くみえることから翻白草、肥厚した根がそのまま食べられることからツチグリという名がある。中国の多くの地区でカワラサイコ(P.chinensis)り全草を翻白草と呼ぶこともある。

 成分にはタンニンやフラボノイドが含まれるが、詳細は不明である。漢方では清熱解毒・止血の効能があり、細菌性腸炎や肺炎、下血や喀血に用いる。また皮膚炎に煎液を外用する。

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。