浮萍 | Home | 文蛤
2014/12/09 9:51 | 印刷

○プルーン

 コーカサスからイランの北部を原産とするバラ科の落葉果樹セイヨウスモモ(Prunus domestica)の乾燥果実をいう。

 スモモにはおもに中国や日本を原産とする日本スモモ(P.salicina)と欧米で栽培されている西洋スモモとがある。西洋スモモは古代からヨーロッパで食用にされ、日本にも明治の初期に渡来したが、風土に適せず栽培は稀である。

 スモモのことを英語でプラム(Plum)というが、プラムの干したものをプルーン(Prune)、さらに乾燥に適したプラムのこともプルーンという。このプルーンは19世紀にアメリカに伝わり、現在ではカリフォルニアで盛んに栽培されている。

 果実は長球形で果皮は黄色~紫紅色、果肉は硬くて黄色~緑色をしている。スモモの酸味はリンゴ酸やクエン酸によるもので、ペクチンを多く含むためジャムやゼリーの原料にもされている。

 プルーンは特に鉄分を多く含み、貧血の改善や疲労回復、食欲増進などの効果が期待できる。また食物繊維も多く、緩下整腸作用もみられる。そのほか糖尿病や肌につやがない人にも適している。

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。