ホーム蓮の花道雑記
内藤忠行私論(続)
『出会い-2』
 JALの機内誌でブルーロータスに出会ってから一週間ほどたっていた。梅雨は未だあけていない。
「一の橋の方から麻布十番に入ってしばらく進むと麻布十番温泉があるから、その角をしだりに入って・・・」背広の足元は雨のはねで、ワイシャツの背中は汗でいずれもぐっしょりになりながら右手に傘を、左手には地図を持ち十分程麻布十番界隈を歩き回っただろうか、氏のアトリエは古いビルの階段を上がった端にあった。
 額縁やら撮影機材やらが雑然と置かれた狭い通路の奥に進むと小部屋があり、やはり本や写真集やダンボールが所狭しと積み上げられた部屋の真ん中に氏は座っていた。
形どうりの挨拶をすませ、ブルーロータスに受けた感動と感銘をそれとなく語り、いきなり電話をかけ「一度、是非お会いしたいのですが・・・」と強引にアポを取り付けた言い訳にした。
 実際こういう形でアポを取り付け、初対面の他人にこちらから会いに行くというやり方は初めてのことであったし好きでなかった。

「ごめんなさい、クーラーが壊れていて、・・」
氏はそう言うと、すまなそうに団扇のような物を手渡してくれた。とにかく蒸し暑かった。
 早く本題に入り、いつもやっている様に手際よく問題点を整理し、課題とタスクをあらいだし指示を出し、打ち合わせは終える。こちらは身にしみ込んでしまった習い性で先を急ぐのだが、なかなか本題に入っていかない。
 最初は不機嫌そうに、時折気弱そうに、又気難しそうに氏は語りだした。
「最初はジャズね。マイルスにいかれちゃって、ジャズを撮り出したのね・・」
 たしかに、壁際の棚には陽に焼けて変色しかかったレコードのジャケットが数枚置かれていた。

 相槌を打つ要領で「これはいつごろ撮られたものですか。」と棚に置かれたジャケットを指差した。
「うーん、・・これね。アフリカいく前だから、もう四十年ぐらい・・」
いきなりジャケットのなかからマイルスの囁くようなペットが聞こえてきそうな緊張感がセピア色の陰影にカットされている。
『これは原点だな。』と、なぜか唐突に思った。
『四十年、この人はこの写真を宝物のように大切にしてきた。少年がはじめて捕ったカブト虫をいつまでも棄てられないように。』
ビギナーズラックと人は言うこともあるが、無心で作った最初の一作には、たとえ生硬であっても対象と作者との調和というか、必然性みたいなものが必ず表われる。
そのあと氏との会話の中で度々出てきた 『スピリチュアル・・・』がなんの気負いも無く表現されていた。

 氏を訪ねた目的は二つあった。一つは蓮の花のコレクターとして純粋にブルーロータスを撮った内藤忠行という作家を見たかった、そして話をしてみたかった。
「何故、蓮の花を取り出したのですか。どうやったら、こんなに不思議な写真を取れるのですか。」
それほどに、ブルーロータスはいままで見た蓮の花の写真とは何かが違っていた。
 今一つは東京と上海でオープンする蓮花画房のキーコンセプトとなるイメージにブルーロータスを使いたかった。たとえばウエブサイトのトップページとかにも。
内藤忠行という写真家を知ったのはそのJALの機内誌であったし、彼が斯界の権威であるのか、それともアマチュアのカメラマンに毛の生えたようなものなのか、それさえも見当がついてなかった。もし前者なら著作権料を含めその利用料がどれ程のものなのか。

『あんまり高い事を言われたら、早々に退散するしかないか。』などと思いながら氏を訪ねたのだった。
氏は何を思っていたのだろう。氏は誰にでもこんなに饒舌に、無防備に自分の作品に託してるとはいえ自身の来歴を語るのだろうか。

氏の話は続いた。何冊もの写真集をデスクに開き、サバンナの風の色について語り、ゼブラの白と黒の無謬を語り、桜の精にとりつかれた昔を語った。