ホーム蓮の花道雑記
特展酒会続話(上海)五月某日
「昔はね、少し研究にのめりこんだ事もあったけど、今は、さっぱりで。もう、すっかり忘れてしまった。」
「いや、ラオパンのことだから、本質というか、髄のところは、究めて、見切られたはずだと思いますが」 微笑みながら李君が言った。

いつもの事だが李君の観察は鋭い。究めたところで前へ進むか、後ろへ下がるかは人それぞれであって、いずれも、いずれとは言いがたい。
「ところで李君さっきの老子の続き、君、知っている」
「いや、知りません。黒マントの先生に聞いてきましょうか」

先生は禁煙であるはずのギャラリーの真ん中で悠然と紫煙をくゆらせながら、談笑されている。李君は黒マントに歩み寄ると何やら囁いた。
先生はその精悍な顔をこちらへ向けるとにこっと微笑まれ近ずいてこられた。

「ニイハオ、ラオパン。上海へようこそ。」
「ニイハオ、先生。お会いできて光栄です。」社交辞令ではなく瞬間、光栄というか、幸運を感じた。これからの数分間に起きるであろう未知なる体験と転回点を予感したというべきか、先生から伝わるオーラには経験と研鑽が発酵し蒸留し、滴が光っていた。
「老君にご興味が,おありとか。」
「なにぶん、不勉強でして、お恥ずかしい限りです。寄せ書き帳の一文は老子とお聞きしたのですが。」
「はい、太上清静経です。まあ、道、タオのお経みたいなものです。」
「あの続きを知りたいと思いまして。つまり、女は濁なりの。」先生は又も、にこっと微笑まれ「男は動にして、女は静也。本より降りて末に流れ、而して万物を生ず。」と続きます。
「どのような意味なのでしょうか。意味などお聞きするのは不躾とはおもいますが。」
黒マントの先生は「フッフォフッフォフッフォーー」と聞こえる笑い声を発すると
「老君は難しい哲学は説きません。当たり前のことを少しだけ極大化というか、まあー、明快に述べているだけでして、ラオパンが実践され、経験されてきたことです。」

先生の解説によると万物には「道・タオ」という根源的な原理があり人はその「タオ」に拠って生きるべきであると。又万物には陽と陰、動と静,清と濁がありこれらが混ざり合って又万物が生まれるのだと。
そして、こうも付け加えられた。

「老君の老君たるとこは実はその後でして、水や女など柔らかく弱いものが常に勝ち、生き残る。これが法則だとおっしゃる。牝は常に静を以って牡に勝つと断定される。」
なるほど、タオは深いと痛感した。混ざり合ったこととか、静に負けたこととか遠い昔のことが思い返された。
「ラオパン、顔色がよろしくないようですが。」
「はい、ちょっと疲れが」
道可道,非常道をもっと知りたいと思った。ひょっとすると老年に差しかかっての今一度の生き方とか死に方を整理する手がかりになるかもしれない。

「ラオパン、無理をされないほうがよろしい。今夜は宿に帰っておやすみなさい。ゆっくり、深く息をされるのが肝要です。明日にでも又お目にかかりましょう。」
先生はこちらの心をちゃんとみぬいてらっしゃる。
「先生、有難うございます。それでは、再見」

王成の個展オープニングパーティ(5月某日)

特展酒会の会場、莫干山蓮花画房に着いたのは上海の雑踏に灯がともり始めた頃。
フランス租界のゆきつけのカフェでボルドーを二杯飲んだためかメガネの度数が合ってないせいか知らぬがマロニエの街路樹の夥しい新緑が揺らいで見えた。

会場には既に二三十人の先客がグラスならぬ紙コップにおもいおもいの酒を満たし談笑している。

中国ワインを満たした紙コップを持ち作品を見始めると本日の主役の王氏が挨拶に来られた。
年のころ四十前後のエネルギッシュなのだが眼光に温もりをたたえた画家であった。
「ドイツでの個展は大成功だったそうですね。おめでとうございます。」
「ラオパンも今夜の酒会のためにわざわざ日本からお越しくださりありがとうございます。」
「それでは個展の成功を祈って乾杯」
「カンペイ」
その後あちこちで画廊のオーナー、若い作家、ぶらりと入って来たアメリカ人などと「乾杯」「カンペイ」を繰り返していたときの事である。

忽然と、颯爽とひとりの先生がギャラリーに入ってこられた。
浅黒い精悍な顔に黒々とした口ひげをたくわえ、黒マントはおっておられる。「ん、何者」と思っていると先生は受付台の上の寄せ書き帳になにやら筆を走らせ、紙コップを受け取るとワインをめしあがった。

「李君あの人だれ」
「上海の偉い先生ですね」
「何の先生」
「わからない」
「名前は」
「わからない」
寄せ書き帳のところに李君をそれとなく連れて行った。達筆であった。
「李君、何と読める」
「えーっと、男は清也。女は濁也。たしか、老子ですね。」
「どういった、意味」
「そっちのことはラオパンの方が詳しいと思います。」


上海へ(5月某日)

「王成油画作品特展開幕酒会 2006.04.29.7:00pm」の案内の記されたポストカードを上海の李君より受け取ったのは四月二十日ごろのこと。近頃、老人性躁鬱症が昂じて部屋を出るのも戻るのも、寝るのも起きるのもめんどくさい。それでも何の気まぐれからか意を決して特展酒会出席のため二十九日の上海行き午前便の機上の人となる。

浦東飛行場で李君の出迎えを受ける。破顔一笑とはこの事か。「ラオパンいらっしゃい」

李君の笑顔を見ると「ああ、上海に来たとの実感」李君は上海でのビジネスのパートナーで開発センターと画廊の経営をお願いしている。
「ビジネスはどう?」
「ええ、馬馬虎虎」
「画廊の方は?」
「はい、先月、はじめて絵が一枚売れました」
「ほう、それはよかった、絶好調だね」

蓮花画房の上海ギャラリーがオープンしたのが去年の七月だから十ヶ月ではじめて絵がうれたわけだ。何と優美で繊細なる徒労、テレビの芸能人のドタバタと表参道ヒルズを軽蔑している小生にはそれがなんとも心地よい。開高先生の受け売りなのだが、馬馬虎虎と書いて「マーマーフーフー」と読むのだそうだ。馬でもなく虎でもない。ようするに「マーマーフーフー」なのだ。力んだところで人のやらかすことなど所詮「マーマーフーフー」ホリエモンも塀の中でそう悟ったに違いない。

再度やちむん探し-続き(4月某日)

壺屋を訪ねる前に軽く腹ごしらえと,国際通り公設市場の二階にあがる。

ソーキそばを注文する前にせっかくなので軽く一杯古酒を薄めの水割りで頂く。これまたせっかく沖縄なので島らっきょうとゴーヤちゃんぷるをおもわず注文。そうこうする内おねえさんが古酒泡盛の小さめなボトルと水割りセットを持ち来たる。

糸削りをまぶして食す島らっきょうは美味なり、塩味がほんのり効いたゴーヤは滋味なり。
昼間飲む古酒は至福なり。

公設市場から平和道りを抜け壺屋にいたる。
沖縄で屋根に瓦が葺けるようになったのは明治になってからの事。瓦職人は葺き終わると即興で屋根にシーサを作り載せた。材料は瓦の破片と余った漆喰。
企らまずして瞬時に造形されたシーサはどれもユーモラスな表情。

職人たちの願いはこの家が千代に八千代に安泰なれ、そして嵐からも悪魔からもこの家を守りたまえと言うことなのか。
人の営為の切実さと儚さが琉球の青い空に浮かんで消えた。