Pebble日本語化&改造ログ
  全カテゴリ | Blog News | Bugs | Changes | Other Blogware
 
<< このブログについてのご注意 | Home | Tagsでの日本語処理[FIXED] >>
Pebbleの互換性

Pebble1.9のソースを追いかけていますが、1.7の時もそうですが旧バージョンとの互換性にやや問題があります。

1.7の時はコンテンツのCSS化などがあって仕方ないと思いましたが、今回の1.9での改造には気になるところが多いです。

カテゴリー構造の変更はよくわからないところです。この構造にする必要があったかどうかも問題です。階層カテゴリーの要望は確かに多いとは思いますが、現行カテゴリーの構造(CategoryManager)をやめてまで実装して良かったのだろうか、などと考えてしまいます。
今回の目玉でもあるTagsを実装したので、動的なカテゴリー管理も可能ではないかと思います。Tagsを使ってエントリーを複数のカテゴリーに含めることが可能なわけで。

この変更によってカテゴリーへのURLも変更になっています。
/categories/categoryID
が、これも互換性を考えて旧式のアドレス
/categories/categoryID.html
もサポートすると同時にフラットな旧式のカテゴリー形式も残すことが出来なかったのだろうかとも思います。

Pebbleは技術的にもいろいろと新しいものを導入するので見ていて楽しいです。すごく良く出来ていると思います。
それとトレードオフになるので仕方ないことではありますが、惜しまれるところでもあります。

僕も1.7から1.9に変更したときにカテゴリーの構造が変わってしまって、他のプログラムが動かなくなったり、カテゴリーを作り直したりでさんざんな目に遭いました。
やっぱり運用者としてはデータの互換性だけは確保して欲しいものですね。
かずさん、こんにちは。
やはりカテゴリーで苦労されたようですね。
構造的に入れ替えているので旧式からのコンバートにバグがあるかも知れませんね。
ここは元に戻して欲しいと強く希望します。
コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

このエントリーのトラックバックURLを表示