全カテゴリ
HOME

























































































間もなく日本発初上陸! 
中型旋回式レッカー装置Holmes600Rのお問い合せは弊社、info@millerjapan.com または下記販売店まで!
お待ちしております。


株式会社城南ボディーサービス
Tel:055-243-4311

株式会社ヤマグチレッカー
Tel:045-242-6240






























大型レッカー装置が米国より続々到着しております。 上記写真の1060S タイプは、今年中頃より一部仕様が変更になりました。 ブーム前方のウィンチ取り付けが、従来の前後直列から左右並列となりました(下写真参照)。 この取り付け位置の変更により、旋回時のウィンチ部突出が減り全幅内に装置が収まるようになりました。 よって、作業中に反対車線を遮断するような事がなくなり、スムースな復旧作業が可能となります。 また、ブーム昇降用のシリンダー取付位置が従来より外側に変更され、外観もよりマッスルなフォルムとなりました。 その他細部にも様々な変更点が加わり、よりお客様を満足させるレッカー装置に仕上がりました。 詳しくは弊社又は、下記弊社販売店へお問い合わせください。 


株式会社城南ボディーサービス
Tel:055-243-4311

株式会社ヤマグチレッカー
Tel:045-242-6240


























1060S(前)、 1040S(後)

























































先日、都内港区にて全日本高速道路レッカー事業協同組合主催の”Tow Operator資格認定試験”が開催されました。 当日は定員の50名を超える受講者の方々がお集まりになりました。今回は組合会員以外の受講者を受け入れる初めての試験となり、弊社スタッフも初参加させて頂きました。午前は井出興業辻井社長、午後は野見山自動車工業野見山社長ご両名を講師にお招きし、講義が行われました。 顧客サービス、安全管理、現場管理、レッカー車に関する知識、吊り具の5つの章からなるテキストを主体に、レッカー業界において非常に経験豊富でいらっしゃる両講師から、レッカー作業に必要な知識のみならず、よりレッカー業務の啓発に努めるモティベーションが与えられました。 15:00を過ぎ、講義の後にいよいよ試験が行われましたが、今日現在弊社受講スタッフの合否は届いておりません。 さあ、結果は如何に!? 続報をお楽しみに!!!




























試験翌日に、主催者メンバーの神戸㈱あかつき吉岡社長(左)及び、当日講師を勤められた福岡の野見山社長(中央)ご両名が、会場近くの弊社へ表敬訪問して下さいました。 両社長様、いつも大変お世話になっております! 近々此方からもお邪魔させていただきます。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

























11月の3連休も終わり、町はすっかり秋らしくなり林檎の美味しい季節となりました。 今日は"レッカーと林檎”のお話でも・・・と言うわけでは御座いませんが、たまには季節物の写真をと思い掲載してみました。 実はこの林檎、先日弊社にご来社頂いた㈱緑屋片山社長から頂いた物で、なんとご自宅のお庭で社長自ら丹精に育てられた林檎だそうです。 そのお味は格別!片山社長ご馳走様でした。 "林檎を一日一個で医者知らず”と言われますが、皆様もこれから益々美味しくなる林檎を召し上がられ、どうぞお体ご自愛ください。






















この度ミラーインダストリーズ社は、$1,100万を投資し約18,000平米の小型レッカー装置向け新工場を増設いたしました。 今回の投資は、近年の受注増加に対応させ、より高品質の装置をより早く出荷させる為に行われたものです。 今後順調に稼動させ、納期を30%縮める事を目標としおりきます。 どうぞご期待ください!























外観


























施設の凡そ半分の面積は、組立工場として使用されます。


























主要部品の製作に使われる溶接ロボット






































グリットブースにて、塗装前に錆、削り残し、溶接のスパッタ等を取り除きます。

















長期にわたり錆びから守る為に、エナメルコーティングで仕上げます。