学校案内

トップページ > 信州医療福祉専門学校NEWS(過去データ)

2017/12/04 8:32

続きを読む...

2017/11/28 17:03

続きを読む...

2017/11/27 18:06
[NEWS]

続きを読む...

2017/11/22 9:49

SBCラジオ「 情報わんさか GO!GO!ワイド らじ☆カン」に出演致しました。初ラジオ出演とは思えない「非常~に!落ち着いた口調で!?」学科の説明、学校の説明をしてくれました。。


2017/11/18 5:50

おかげさまをもちまして、、、
本校スポーツトレーナー学科が
長野県知事より”正式に”認可を受ける事ができました。
紅葉も終盤のこの季節、はりきゅう学科、柔道整復学科、介護福祉学科を含めまして本格的に入試の時期に入っておりますが、スポーツトレーナー学科を含めた4学科に対するお問い合わせも多く頂いております。そこで!さらに本校4学科を詳しく知って頂きたく”体験型”オープンキャンパスを企画いたしました。

下記、各学科のパンフレットをご覧頂き、HPの「オープンキャンパス申し込み」(ここをクリック)からご応募ください。





           ご応募お待ちしております。。。

2017/11/16 15:59
[NEWS]

本日、信州のスポーツ情報誌「Nsports」様と医療タイムズ社様から
スポーツトレーナー学科 石川先生が取材を受けました。



信州のスポーツ情報誌「Nsports」様は12月号への掲載
医療タイムズ社様は掲載日が確定次第お知らせ致します。

2017/11/16 15:54

平成30年1月1日以降に受講開始する専門実践教育訓練から、
教育訓練給付金の
1. 支給率
2. 上限額
3. 支給対象者の要件 が変わるとともに、
4. 「教育訓練支援給付金」(失業中の方)支給額も拡充されます。

本校のはりきゅう学科柔道整復学科介護福祉学科は指定講座となっています。
社会人の皆さん、給付金を活用して資格取得しましょう。

学科紹介についてはここをクリックして下さい。

詳しくは、最寄りのハローワーク、本校にご連絡下さい。また、開催する学校説明会・オープンキャンパスにお越し下さい。

専門実践教育訓練給付金パンフレット(pdf)をご覧になるにはここをクリックして下さい。



2017/11/16 10:10

11/14 全国専門学校軟式野球選手権大会 善戦

11/13 開会式にて昨年優勝した本校は,優勝旗とカップの返還を終え,1回戦倉敷市福田公園野球場にて『日本自動車大学校(千葉)』と対戦.
 この夏以降は3年生が卒業を控えた認定実技試験のため参加できず,優勝チームをリセットし,選手10人という野球ルール上最低人数で挑み,初回立上りに1点先行されるもヒットらしいヒットがない中,信州野球が功を奏し,叩いて転がす戦術が見事にはまり,2回同点に追いつき,7回には逆転し,追い上げる相手を何とか抑え,4-2で初戦を突破.
11/14 続く2日目2回戦ベスト8をかけた試合.相手は同じホテルに滞在の『鹿児島医療技術専門学校』.朝からの降雨により,試合時間が30分遅れ,シートノックがないままプレーボール.
今年のエース塩手と試合前,左が多く攻めにくい(サウスポーのため),「出会い頭を注意しよう」と話していた通り,初回守備のミスも重なり,2点ビハインド.しかし2回一人ランナーを置いたところで,9番花岡が見事右中間へランニングホームランで同点に追いつくが,その後2点を献上し,最終回9回裏1アウト満塁のチャンスでグランドの神様は相手チームに微笑みました.
 1番 レフト 山崎直弥(飯山-柔道整復)
 2番 ショート 沢畑知哉(田川-柔道整復)
 3番 ピッチャー 塩手達弥(須坂東-柔道整復)
 4番 ファースト 豊田康太(小諸商業-介護福祉)
 5番 センター 牧内知輝(上田東-はりきゅう)
 6番 キャッチャー 岡田大河(長野商業-柔道整復)
 7番 サード 飯田涼太(穂高商業-柔道整復)
 8番 ライト 桑原海斗(長野商業-柔道整復)
 9番 セカンド 花岡大成(岡谷南-柔道整復)
 SS 山嵜勇樹(長野俊英-柔道整復)
マネージャー 原田菜美翔(大町北-柔道整復)
マネージャー 山田すみれ(南安曇農業-介護福祉)
マネージャー 千野和倉(須坂園芸-介護福祉)
チームを献身的に支えてくれたマネージャーの存在は一番大きかったかな.
大会関係者の皆さま,学校教職員,学生のご家族の皆様の支えがあって,2017年の活動を終了することができました.
 ありがとうございました.きっとこのプロセスと経験は,彼らの今後職業人としての糧となることに間違いありません.
 この大会の1回戦,東京大学大学院の中澤教授研究室のスポーツ身体測定にも協力し,真剣勝負時の選手の心肺機能や脈拍など,打席や守備のその瞬時の動作や状況における人体の変化などを測定しました.データは本校のスポーツ生理学にもフィードバックされます.面白い結果のようです.

大会結果は コチラ







2017/11/15 10:07

本校は、東京大学大学院 中澤研究室と共同研究を進めております。11/13 本校野球部の全国専門学校野球選手大会1回戦という「緊張の大舞台」で、データーの測定を致しました。シャツ型のウェアブルセンサーを装着し、「ダイナミックに変化するプレーヤーの身体的状況(心臓循環系、呼吸系、筋骨格系等)を可能な限り非侵襲的・非拘束で取得し、それを解析することで生体情報の把握と利用に繋げる新たな生体情報取得処理解析システムを開発しようとする」ための測定でした。11/3(祝)に試着と調整は行っているので今回は準備万端!

選手たちはウェアブルセンサーの装着をまったく気にせず試合に集中していました。試合の方は、先制を許したものの「試合終盤での逆転勝利!」とこれまた劇的な内容でした。選手の皆さんおめでとうございました。そして、ありがとうございました。今回の計測結果は、フィードバックさせて頂きますので宜しくお願い致します。今後共、ご協力お願い致します。                   企画室 兵藤