学校案内

トップページ > 信州医療福祉専門学校NEWS(過去データ) > コラム(介護福祉)

2018/03/15 9:18

平成29年度 卒業証書授与式 介護福祉学科



 3月10日(土)卒業式が無事行われました。
 普段とは違う正装に卒業式なんだと実感し、これから式が行われる緊張感と寂しさが入り混じったなんとも言えない気持ちでした。



 色々あった2年間でしたが、無事26名卒業することができ、支えてくださった全ての方に感謝の気持ちと内容の濃い2年間に充実感を感じています。
 介護福祉学科10期生は、1年生の頃から積極的に何でも自分達で行ってくれる学生であり、特に行事等には企画の段階から気合を入れて何でも本気で取り組む学生でした。
 試験前には、勉強が苦手な学生に勉強を教えてくれている姿、クラスの決め事には、リーダーになる学生、それに協力する周りの学生、発表会の発表姿勢、聴く態度、全てが大変素晴らしい学生でした。
(ただ、朝会にルーズな学生や時折授業中睡眠学習に入る学生もいましたが、今回は良い所だけを挙げときましょう。)


 皆さんからたくさんの「ありがとう」を頂きましたが、私の方こそ皆さんにたくさんの「ありがとう」を伝えなくてはいけません。2年間を振り返ると、なかなかキャラの濃い26名に私自身が常々支えられてきました。
 本当にありがとうございます!!思い出に強く強く残る26名でした!!



 4月からそれぞれの道へと新たな一歩を踏み出すことになりますが、行き詰まったり、悩みを抱えたらまた学校に顔を出してくれたら嬉しいです。教職員一同待っています!!

 それでは、また会う日まで!!

介護福祉学科 教員
猪俣 早紀



2018/03/08 13:27

3/2(土)、3/5(月) 1,2年生合同の研究発表会が行われました。
1年生は1月10日から1月24日の10日間の施設実習での学びについて発表しました。
この実習では、1人の利用者さんについて情報収集することが課題とされていました。
担当利用者さんとのコミュニケーションから得た直接的情報と、ケースファイル・職員さんからの間接的情報をいただき、3枚の情報シートにまとめました。
2年生は11月6日から12月4日までの20日間の施設実習で介護計画を立て、実施、評価までを行いました。
1年生、2年生はそれぞれの学びを発表原稿・パワーポイントにまとめ、この研究発表会で報告することができました。




1年生は2年生の前で緊張でドキドキしながらマイクを握ったことと思います。1年生の発表時、2年生からの的確なアドバイス、そして、先輩としてあたたかな意見・感想を頂きました。


2年生は自分が実施した介護サービス計画の展開を、写真入り、イラスト入りのパワーポイントで分かりやすく説明してくれました。2年生の発表から1年生は、来年度の実習で行う内容を学習でき、沢山の学びを得ることができたのではないかと思います。



発表時の質問・感想などのやりとりに、1年生と2年生の和やかな雰囲気がありました。

学校で「介護過程の展開」を学習し、それを生活の場である介護施設さんで実際に行うことができる、これは、学生を受け入れて下さった介護施設の理解があってのことだと感謝しております。

学生の1年間の成長、2年間の躍進を、この研究発表で感じました。
学生諸君 素晴らしい!!


介護福祉学科 教員
角田秀子

2018/02/01 8:46

今年度も 介護福祉士養成科の募集が始まりました。
年間の受講料・入学金は長野県が負担して頂けます。この制度を利用して、『介護福祉士』の国家資格を取得しませんか!
※ただし、教科書、教材費等の一部は自己負担となります。
介護福祉士養成科に入校するには、応募資格要件があります。





ご質問等は、管轄するハローワークまたは長野技術専門校(TEL026-292-2341)にお問い合わせください。



2017/12/28 8:21

介護福祉学科1年生が生活支援技術(食物)の授業の中で調理実習を行いました。

この調理実習では、ただ好きなものを作るのではなく、栄養バランスをきちんと考えたり、一人ひとりに合わせた食事形態が作れるように様々な工夫を行いながら作りました。



また、今回は郷土料理を作るということで、長野県らしい野沢菜ごはんやこねつけがメニューに入っていました。郷土料理を知ることで、利用者さんとの会話も増えるかもしれませんね。



学生のなかには、調理が得意な人もいれば苦手な人もいます。それぞれが協力し合い、教え合いながら作ることができました。出来上がった料理は教員にも提供して頂き、おいしくいただきました。同じメニューでも、それぞれの班で個性が出てきており、どのグループのものが食べられるのか楽しみでした。



指導してくださった吉澤先生、小川原さん、ありがとうございました。
1年生の皆さん、ごちそうさまでした!

介護福祉学科 教員
内城 ひかり



2017/12/27 9:50

先週、介護福祉学科2年生は、「18日間の後期実習お疲れ様&国家試験頑張ろう!!」を目的にスポーツ大会を実施しました。
来月に国家試験を控えた今、ストレスや緊張から様々な思いで日々学校生活を送っていると思います。そんなストレスを少しでも解消してもらいたいと思い、スポーツ大会を実施しました。
何の競技をしたいか問いかけた所、「ドッチボール!!!」の声が多く、Aチーム、Bチーム、Cチームに分かれ、熱戦が繰り広げられました!!

お遊び程度にやるのだと思っていたら、本気です…



一人残らず外野に出したチームもありました…その瞬間です…



ドッチボールの後は、バスケにバトミントンをして楽しみました。



机上の勉強も大切ですが、皆が笑顔で活き活きと体を動かし、心を通わせることのできるスポーツは最高だなと改めて実感しました。
楽しい時間をありがとう!初の国家試験受験頑張ろう!!!


介護福祉学科 教員
猪俣 早紀

2017/12/20 14:17

12月11日(月)介護福祉学科1年生が、生活支援技術の授業で学んできた実技のまとめを行いました。
1年生全員が各パートに分かれてシナリオを書き、皆の前で実技を披露しました。
シナリオに創意工夫を加え、積極的に実技の演技を行うなど、学習の振り返りをする良い機会となりました。

食事の介助
~良い例・悪い例~

移乗
~はじめての床走行型リフト~

初心者でも楽すーる移動
~福祉用具の活用・スライディングボード編~

排泄介助
~Iさんの生活の一部

ベッドメイキング
~特別養護老人ホーム和やかな日常~

車椅子は二輪、他者も自分も一つの輪
~人から人へと広がる絆~

ご利用者の尊厳を守るための着脱介助

他のグループの実技を真剣に見る学生


心の活性化、生きがいづくりを援助する専門職である介護福祉士、介護福祉の専門的知識や技術を身につけ、介護が必要な高齢者や障害者に対して必要な支援を行います。その人らしい生活(人生)が送れるように支える、そのためにケア技術を習得します。
今、1年生は2年生への進級に向けてスタートをきる準備をしています。


介護福祉学科 教員
角田 秀子

2017/10/30 17:42

介護福祉学科2年生 医療的ケア 授業風景


 この日は「経鼻経管栄養」について、人形を使用し学習を深めました。普段見慣れない医療品を手に不安や緊張感、また新しいことを学ぶことに楽しみと期待を抱きながら授業を受けました。

 なかには、「できない」「失敗する」「恥ずかしい」と思い、グループの中でも最後の方で取り掛かった学生もいたかと思います。初めてのことを行うには、誰でも不安があると思います。しかし、学校を卒業してしまえば、一職員として現場で働きます。その際に日々の学校での学びを「しっかり取り組んでいて良かった」「今すごく役に立っている」と思えるくらい、授業では積極的に学んでほしいと思います

また、失敗できるのは今だけです。たくさん失敗してたくさん練習してくださいね。
そして、最後の試験では全員が合格できることを祈っています。


介護福祉学科 教員
猪俣 早紀

2017/10/03 16:06

第10回 光和祭が9月24日に開催されました。
介護福祉学科では、1年生は車椅子体験とたこ焼き・ジュース販売を行い、2年生は手浴・足浴体験とから揚げ・ポテト・タピオカジュースの販売を行いました。

    


短い準備期間ではありましたが、各クラス協力して楽しみながら行っていました。

福祉施設では夏祭りなどの行事もあり、ご利用者の方に楽しんでいただけるよう企画・運営も行います。
今回学園祭で学んだことがこれからの実習や就職して現場へ出た際、活かされてくると思います。

    


学生のみんなが楽しみながらも一生懸命行っている姿がとても素敵でした。
光和祭に来ていただいた皆様ありがとうございました。


介護福祉学科 教員 
内城 ひかり

2017/08/08 16:49

信州医療福祉専門学校では、例年夏休みの前日にこれまで研究してきた内容について発表をして参りました。今年もまた、多くの学生たちが、これまでの専門的知識の修得を元に研究した成果を皆の前で発表しました。専門職として、より専門性を追求するためにも、常に「何故」「どうしてそうなるの」と探求心を持ち続ける必要があります。
日進月歩の医療・福祉の世界において科学的視点と倫理性を兼ね備えた人材育成が、今年も信州医療福祉専門学校で展開されています。


 


発表する学生も聴講する学生も、真剣そのものです。
質問や意見も活発に飛び交い、和やかな中にも互いに学ぶ姿勢のある素晴らしい発表会でした。


介護福祉学科教員
畠山 仁美

2017/07/19 16:32

毎年恒例 介護福祉学科 1年生による小布施見にマラソン ボランティアへ7月16日(日)に参加してきました。本年度は、第19給水所、第20給水所及びWBGT(気温を本部へ報告する係)を担当させていただきました。



学生達、最初は走ってくるランナーへの声掛けが小さかったのですが、一生懸命走っているランナーの気持ちを理解し、次第に大きな声で「頑張れ」「お水飲んでください」など声が出るようになってきました。そして、お水をもらっていただくと、「ありがとうございます」と言っていました。感謝の気持ちが自然と言葉にでた一面を見させてもらい、福祉の心が徐々に芽生えてきている一瞬を垣間見ることができました。ボランティアを通じ人との繋がりをこれからも大切にし、良い介護福祉士に育って行ってください。




介護福祉学科 教員
岩崎 文明