学校案内

トップページ > 信州医療福祉専門学校NEWS(過去データ) > コラム(はりきゅう)

2018/03/05 14:35

はりきゅう学科は3年生になると付属臨床実習施設での臨床実習が行われます。

4月から始まった週に2回の実習も金曜日については先週が最後となり、来年度から実習が始まる2年生が見学に入りました。

3年生の治療を見学した後、1年間の実習を通しての注意点や連絡事項を3年生から引き継ぎます。

自分が学んだ技術や知識を用いて治療を行う臨床実習は、最初は緊張して怖くて仕方がないという学生もいますが、その分ここでしか学べないことも多くあります。


2018/02/17 8:57

2018/02/07 17:24

はり師・きゅう師の職域が広がります!!!

厚生労働省は、特別養護老人ホームやデイサービスなどに配置する機能訓練指導員について、一定の実務経験を持つはり師・きゅう師が担うことを来年度から認める方針を正式に決定した。3月にも新たな運営基準を公布し、4月1日から施行する。

事業者が幅広い人材を採用できるようにし、機能訓練指導員の量的な確保につなげることが狙い。現在の対象資格は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師とされている。一定の実務経験は、はり師・きゅう師以外の機能訓練指導員がいる施設・事業所に6ヵ月以上勤め機能訓練指導に従事した経験があること、とされた。

この基準緩和の対象となるサービスは、特養、ショートステイ、特定施設、通所介護、地域密着型(小規模)通所介護、認知症対応型通所介護。特養やデイなどの「個別機能訓練加算」も、理学療法士などに代わってはり師・きゅう師が実践すれば算定できる。


(ケアマネタイムス様 HP 引用)

2017/08/22 10:37

お盆も明けて、8月の頭から続く夏休みも終盤へと差し掛かっております。
そんな中、本日も黙々と資格取得に向け勉強する姿は流石3年生といったところでしょうか。



1年生は経絡経穴(ツボ)を覚えるのが大変で頭を抱えています。


そして2年生は角澤先生にしごかれ中…(笑)



お盆明け初日だというのにみんなとても意欲的な学生ばかりです。
暑さにも負けず、学生の熱意にも負けず!自分も頑張らねば!と再認識させられた1日でした。


はりきゅう学科教員
山崎 俊樹

2017/07/03 19:34

6月27日に上田千曲高等学校 生活福祉科2年生の皆さんに、はりきゅう学科と柔道整復学科の体験授業をさせて頂きました。
授業の始めは、医療系国家資格についての質問の返答をしました。

体験授業内容は
はりきゅう学科『1500年の歴史!日本の伝統医療』
実際に鍼を見てもらい、鍼の太さを感じてもらいました。


柔道整復学科『包帯実技(上肢編)』でした。
圧迫を目的とする巻き方、固定を目的とする巻き方等 巻く位置や目的によって色々な巻き方があります。



上田千曲高等学校の先生方、生徒の皆さんありがとうございました。
また、本校のオープンキャンパスンにお越し下さい。

2017/06/30 16:10

休日に愛猫家の御主人のお宅に呼ばれて、はりきゅうマッサージの治療を施しています。そこには外からの訪問客が来ると逃げ回り、人見知りをして隠れてしまう三毛猫がいます。

ある日、布団の上で治療していると、フラフラと猫ちゃんが横たわる御主人の近くに寄ってきました。以前から小動物のツボ刺激をいつかは試してみたいと願っていたので、こんな絶好な機会を逃してはならぬと、慎重に優しく触れてみました。 (中国では古くから「獣医針」という犬、猫、馬、牛、鶏などの家畜・動物のツボに刺激をして健康な状態に育成するための治療法があります)

まずは猫ちゃんが暴れないようにと、背骨から触って尻尾の付け根にある「百会」というツボを選定して軽く指頭で叩打。このツボにはリラックス、気分を落ち着かせる功能があるとされています。





   人間の「百会」というツボは頭頂部の「つむじ」
   付近にあり、精神バランスを整えたり、興奮した
   ものを落ち着かせたり、イライラするようなスト
   レス治療に対しても日常多く用いられています





   この短時間に叩くだけの刺激を気に入ってくれたのか、その場に蹲り、
   アクビをしながらそのままお腹も触ってくれと言わんばかりに仰向けで
   寝そべってしまいました。
   猫は警戒心が強くてスキをみせない動物といわれます。お腹を見せる
   ということは急所を見せているので相当な安心感、信頼してくれてい
   るのかと考えると、どうしても可愛くなってしまいます。




この日をきっかけに毎回、猫ちゃんは御主人より先に布団の上を占拠して尻尾を立てて、百会穴の刺激を待つようになってしまったのです。指で叩くほかに、今では時々、温灸も施しています。

幼少の時に野良猫に引っ掻かれてから、あまり猫は好きになれなかったのですが、このように身体をすり寄せてくると益々、癒してあげたくなり、愛犬家の方々にも知られているスウェーデン式ドッグマッサージテクニック(ドッグならぬキャット?)も、自分なりに取り入れながら猫ちゃんをも治療している、この頃です。



はりきゅう学科 教員
角澤 隆

2017/06/01 16:41

 毎日、健康に関するテレビ番組が何かしら放送されています。国民の健康に対する関心の高さの表れですよね。皆さんは5月16日(火)のNHKクローズアップ現代「生命の不思議“テロメア”健康寿命はのばせる!」をご覧になりました?耳慣れない“テロメア”ですが、テロメアとは染色体の端にあり細胞分裂のたびに短くなる部分をいいます。テロメアは35歳で半分ほどに短縮し、短縮すると染色体が不安定になってがん化しやすくなるそうです。さらに短縮が進行すると細胞分裂自体できなくなるそうなのです。まさに寿命と直結しているテロメアですが、このようなことからテロメアは“命の回数券”とも呼ばれているのです。
 今、テロメアを伸ばして老化を遅らせる研究が世界中で行われていて、その最新研究でテロメアを伸ばせる方法が解ってきたと番組では伝えていました。誰もが気になるその方法ですが、結論から言いますと特別なことはなく、近年では当たり前に推奨される習慣ばかりです。具体的には、週3回ほどの軽い有酸素運動、バランスの良い食事、7時間以上の睡眠、友人やパートナーとの良好な人間関係などです。このような内容は東洋医学2千年の歴史においても、健康に大切な生活習慣として重視されてきました。それが最新の研究により分子レベルで効果があることが科学的に証明されたのです。
 翌日17日(水)のこれまたNHKの番組ですが、ガッテン!「これが世界最先端!“認知症”予防SP」ご覧になりました?認知症全体で一番頻度が高いのがアルツハイマー病です。アルツハイマー病では、脳が活動した時に生じるアミロイドβという老廃物の蓄積が発症の引き金と考えられています。番組では最新の研究結果から、アミロイドβを効率よく排泄できる方法を紹介しています。結論から言いますとこれもまた特別なことはなく、当たり前の習慣ばかりです。具体的には、良い睡眠や有酸素運動、他人と会話をするなどのコミュニケーションなどです。
 このような世界最先端の研究内容を聞いても、「結局、食事・運動・睡眠など、規則正しい生活習慣がやっぱり大切なんだなぁ。」と気付かされます。このような生活習慣の大切さは東洋医学のみならず、江戸時代の健康法の指南書である『養生訓』の中にもみることができます。つまりは我々が行うべき健康法は2千年前よりすでに確立され、江戸時代においては庶民の一般的な知識として広く知られていたのです。あとは自身がこの内容を実践できるかどうかなのです。健康長寿に関心のある人は是非とも古来より実証され、最先端の研究にも裏打ちされた東洋医学的生活習慣を取り入れ、若々しく健康的に長生きしていきましょう!
 『養生訓』の著者である貝原益軒の言葉に、「知っていてもそれを行動に移さないのであれば、知らない者となんらかわりは無い。」とあります。実践あるのみ!頑張りましょう!

はりきゅう学科 教員
藤井 栄二

2017/04/28 17:00

本校では放課後に専任教員の監督のもと、実技室を開放しています。


一人で黙々と基礎練習をする学生もいれば、


同級生同士で身体を貸し合いしたり、



上級生が下級生を、時に下級生が上級生を治療したりと、



普段の実技の授業や臨床実習の練習・復習は欠かせません。



専門学校は職業訓練校です。


よく「手に職をつける」と言いますが、職が手につくためには日々の練習が必要です!


良い臨床家になるために、いっぱい練習して下さい!!!


はりきゅう学科 教員
工藤 征一郎

2016/04/10 17:51

 3月14日(月)~18日(金)の5日間、歯科大学解剖学教室ではりきゅう学科・柔道整復学科の学生が解剖実習を行わせていただきました。
<スケジュール>
 3月14日(月)  10:00   実習ガイダンス
         11:00~12:40 実習(上肢・肩甲帯)
         13:40~17:00 実習(上肢・肩甲帯)
         20:00~21:00 勉強会
   15日(火)  9:00~12:00 実習(腕神経叢スケッチ)
         13:00~17:00 実習(前腕部)
         20:00~21:00 勉強会
   16日(水)  9:00~12:00 実習(下肢・大腿部)
         13:00~17:00 実習(下肢・膝部)
         20:00~21:00 勉強会
   17日(木)  9:00~12:00 実習(下肢・下腿部)
         13:00~17:00 実習(中枢神経)
         20:00~21:00 グループ発表会
   18日(金)  9:00~12:00 実習(臓器)
         13:00~15:00 総復習
         15:30   日本歯科大学出発
         18:30   信州医療福祉専門学校到着


腕神経叢スケッチ:学生作

 実習では、教授や加藤校長の直接指導を受けながら、学生もメスを握らせていただき御献体を展開させていただけました。


実習風景

引率の私自身タイトなスケジューと学習内容の濃さで頭がパンクしそうでしたが、学生たちが将来臨床家となった時、この5日間の経験は活きてくると思います。


柔道整復学科学科長 関屋浩介

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ≫