学校案内

トップページ > 信州医療福祉専門学校NEWS(過去データ)

2/7【個別相談会、夜の見学相談会 実施中!】 | Home | 【はりきゅう学科3年生 合格祈願】
2018/02/07 17:24 | 印刷

はり師・きゅう師の職域が広がります!!!

厚生労働省は、特別養護老人ホームやデイサービスなどに配置する機能訓練指導員について、一定の実務経験を持つはり師・きゅう師が担うことを来年度から認める方針を正式に決定した。3月にも新たな運営基準を公布し、4月1日から施行する。

事業者が幅広い人材を採用できるようにし、機能訓練指導員の量的な確保につなげることが狙い。現在の対象資格は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師とされている。一定の実務経験は、はり師・きゅう師以外の機能訓練指導員がいる施設・事業所に6ヵ月以上勤め機能訓練指導に従事した経験があること、とされた。

この基準緩和の対象となるサービスは、特養、ショートステイ、特定施設、通所介護、地域密着型(小規模)通所介護、認知症対応型通所介護。特養やデイなどの「個別機能訓練加算」も、理学療法士などに代わってはり師・きゅう師が実践すれば算定できる。


(ケアマネタイムス様 HP 引用)

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。