学校案内

トップページ > 信州医療福祉専門学校NEWS(過去データ)

10/3【介護福祉コラム】第10回 光和祭 | Home | 10/5【続報】スポーツトレーナー学科開設記念特別講演会  続報!1
2017/10/04 16:26 | 印刷

ストレッチングとは身体のある部位を一定の角度に置くことにより、筋の長さを伸ばすことが出来ます。それらの筋の柔軟性やしなやかさが高いほど、ストレスや、障害を生じさせることなく下肢を前方に動かせる距離が増えることになります。

ストレッチングを行うとことにより、運動力を高め、障害を生じにくくします。筋肉痛の発生を最小限度に迎えるのに役立ち、尚且つ簡単で効果的な運動であります。

関節可動域の拡大する利点では、快適さの増大、自由に動かせる能力の向上、筋と腱のストレス性障害の受傷機会を減少させることに繋がります。

筋の長さを伸ばすことで、筋の収縮できる距離も長くなります。これにより筋の潜在的なパワーは向上し、その結果、運動機能が高まり、一方で動的バランスの改善、つまり筋の調整能力も向上することになります。

更に、個々の筋線維を伸長し、血液循環を活発にし、老廃物を除去するため、疼痛を軽減するのに役立ち、また柔軟性が高まれば、活動している筋(主動筋)から圧迫が取り除かれるため、疲労の影響を防ぐことになります。

定期的にストレッチング・プログラムを行うことで姿勢が良くなり、身体的な感覚が磨かれ、協調性が改善され、血液循環が活発になり、エネルギーが増大し、リラクゼーションやストレス緩和を促進することになるので是非おすすめいたします。

 


 



柔道整復学科 教員
古川 清裕

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。